地盤調査|地質調査や土壌汚染調査が環境の保護と建築物の安全に繋がる

地質調査や土壌汚染調査が環境の保護と建築物の安全に繋がる

作業者
このエントリーをはてなブックマークに追加

地盤調査

工事

なぜ地盤調査が必要か

住宅を建築する際にはほとんどといってよいほど必ず地盤調査が行われます。どんなに頑丈な住宅を設計して建築したとしてもその住宅を支えるための地盤が軟弱だと建物が倒壊したり傾くなどの影響があるのです。傾くまでしなくても外壁や基礎にひび割れやクラックが発生するのです。こうした建物の不具合を防ぐためにも地盤調査はとても重要なのです。調査の方法もいくつかあります。大きなビルや商業施設を建築する場合と戸建て住宅を建築する際には地盤に必要な強度も異なります。ですから調査の方法も異なるのです。ここまで建物の規模が異ならなくても戸建て住宅だけでも木造住宅と鉄骨住宅では調査方法が変わることもあるのです。地盤調査も上に建築する建築物に合った調査方法で行われなければならないのです。

地盤の調査にかかる費用

戸建ての木造住宅をはじめ多くの住宅に用いられている地盤調査方法がスウェーデン式サウンディング試験と呼ばれる調査方法です。この調査では地面に垂直の方向に直径3センチ程度の棒を刺して上からハンマーの役割をする機械で打撃していきます。一度の衝撃でどのくらい沈むかという結果をもとにどの深さがどのような地層化を判断し建物の支持層がどこにあるかを判断するという調査方法です。多くの戸建て住宅でこの調査方法が採用されているのは費用が一番安いという理由が挙げられます。通常建物の四隅部分と中央の計5か所を調査します。一か所2万円程度ですが一度の調査で10万円以下で調査することができるのです。もちろん上に立つ建物によっては戸建て住宅でもその他の調査方法を採用する建築会社もあるので調査方法を事前に知っておくことである程度地盤調査の費用を把握することができるのです。